とある技術者の備忘録的情報

カテゴリー:PHP

PHP-文字列の一部を抽出する方法(mb_substr)

ある文字列から、指定した位置から指定した分だけの文字列を取り出す。 「mb_substr」関数は、取り出したい分を【文字数】で指定できます。 半角文字も全角文字も1文字は1文字として扱います。 《関数》mb_substr 《…

詳細を見る

ajaxzip3がGoogle CodeからGithubに移行になった

郵便番号からの住所自動入力で便利な、ajazip3。これを利用していたサイトで郵便番号の自動入力がうまくいかなくなったな〜、と思っていたら、ajaxzip3が移行になってたんですね。ここでは、Google Code版からGithub版への移…

詳細を見る

DreamweaverにCakePHPのCTPなど登録されていない拡張子を追加する

Dreamweaverは、インストールしたときデフォルトではCakePHPで使うCTPの拡張子が登録されていない。 そのため、CTPファイルを開こうとすると、次のように、「このファイル拡張子に有効なエディターが見つかりません。」と表示され…

詳細を見る

PHP 文字列を検索する

ある文字列にある文字が含まれるか否かを調べる方法をメモ。 strstr(A, B) stristr(A, B) を使う。 文字列A において 文字列B が最初に見つかった位置から最後までを返します。 strstr(…

詳細を見る

Smartyで数字の文字列のフォーマットを整える

Smartyで数字の出力を色々と指定したい場合がある。 その場合には、以下のようにすればよい。 {$num1|string_format:"%05d"} {$num2|string_format:"…

詳細を見る

Smartyで数値を3桁ごとにカンマを付けたい

1234567とある数字を1,234,567とSmartyで表示したい場合は、以下のようにすればOK! {$num|number_format}…

詳細を見る

Smartyで文字列の抽出(substr)

Smartyのテンプレートにて、phpのsubstr()的なことをしたい場合の備忘録。 {$yyyymm|substr:0:4}年{$yyyymm|substr:5:2}月 とすればOK! 文責:牧秀樹…

詳細を見る

Smarty 日付フォーマット

Smartyのテンプレートで日付を表示させたい場合、通常のPHPとはやや構文が異なる。 この違いはよく忘れるのでメモ。 下記は、$any_date['my_date'] = '2014-02-04 15:45:20';をテンプレ…

詳細を見る

PHPでの日付加算、減算

よく忘れがちなので、メモ。 // 現在日付からの加算 echo "1日後" . date("Y/m/d", strtotime("1 day" )); ec…

詳細を見る

PHPで乱数を発生させる

乱数を発生させる方法について記録。 現在は、高速に動作するmt_randなる関数が用意されておりそれを用いればよい。 int mt_rand([int min, int max]) 乱数を生成します。範囲指定しない場合…

詳細を見る

スポンサードリンク