とある技術者の備忘録的情報

Finderで隠しファイル・フォルダを表示させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードディスクにデータが溜まってきて空きを作りたいとき、アプリケーションが自動的に保存しているファイルがその原因となっていることが多々ある。

そこでそれを削除したいが、そういったファイルは誤操作を避けるために、隠しファイル・フォルダになっていることがほとんどである。

Windowsではフォルダーのオプションのチェックボックス一つで隠しファイル・フォルダの表示・非表示を切り替えることができるが、MacOSでのFinderでは、そういったオプションはない。

MacOSではターミナルを開いて、次のコマンドを入れることでできる。

ターミナル起動後、隠しファイル・フォルダを表示するように以下のdefaultsコマンドを実行します。
$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
設定を反映するために「Finder」プロセスを終了します。
$ killall Finder

隠しファイル・フォルダを非表示(デフォルトの設定)に戻す場合は、ターミナルに以下のコマンドを実行します。
$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
$ killall Finder

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク