とある技術者の備忘録的情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac でもFinderでのカット&コピーができる

Mac でもFinderでのカット&コピーができる

Windowsでは普通に使うカット&コピー

Windowsユーザーであれば、
エクスプローラー内のフォルダやファイルを
「Ctrl+x」したのち、「Ctrl+v」でカット&コピーできる。

このようにして、多くのWindowsユーザーは
キーボードだけでファイル操作していることだろう。

MacのFinder内でカット&コピーができない?

そんなWindowsユーザーがMacを使い始めて、
色々と戸惑うことが多いと思う。

そうちの一つとして、
Windowsのエクスプローラーでいうところの
Finder内でファイルのカット&コピーが
キーボードでできない!?
があげられるのではないだろうか。

私も、command+x でできるだろうと
思って押したところ、
「ブ」という音が鳴って、
カットできない・・・。

ということで、凹み、
諦めたことがあります。

でも実はカット&コピーできるんです!

厳密には、カット&コピーではないが、
実はできるんです。

MacにはWindowsにはない、
「ファイルの移動」という操作があるのです。

それは、『command + c』して『command + option + v』
という入力で元にあったファイルを削除して、
移動先にファイルを移すという操作ができるのです。

これで、Macでもキーボードだけで、
フォルダやファイルのカット&コピーができます。

でも、実はこれ、
実際にやってみると、
キーボードが押しにくい。。。

そこで、ショートカットを登録する
という方法が有効な解決策になる。

ショートカットを登録し、カット&コピーを楽にしよう

では、具体的にどのように登録するか。

まず、『環境設定』–>『キーボード』を開く。

そして、次のキャプチャーにあるように、
アプリケーションを選択し、「+」ボタンを押す。

A1

「+」ボタンを押したら、
次のキャプチャーのように、
アプリケーションとして
「Finder.app」を選択し、
メニュータイトルに「ここに項目を移動」とつけ、
キーボードショートカットに、
例えば、『command + x』
と登録しよう。

A2

A3

こうすることで、
command + c をして、
command + x をすることで、
ファイルのカット&コピーを
キーボードだけで簡単にできるようになります!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク