とある技術者の備忘録的情報

MacBook Air ー スリープ時のバッテリーを長持ちさせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacBook Air(Mid 2013, OS X Mavericks)を今年になってから使い始めたが、単にディスプレイを閉じてスリープにしているだけだと、バッテリーの減りが異常に早い。数時間で十数%減る。

で、色々と調べると、Macの標準のスリープはセーフスリープといって、作業中のデータをハードディスクに移しつつメモリ上にも残し、復帰時のスピード確保と、仮に電源が落ちた場合でもハードディスクからデータを読み込むことで作業状態を復帰させる、といったこをしていることがわかった。

つまり、スピードと安全性の両方を兼ね備えた設定になっている。

これはこれでいいのだが、すぐに作業に戻る場合にはよいのだけれども、メモリ上にデータを保持するため、スリープ状態でもかなりバッテリーを食う。

長時間移動するときや、やや作業中断の時間が長引いた場合など、気がつくとほとんどバッテリーが残っていなく作業できない!といったことが頻繁に。。。

そこで、「システム環境設定」▶︎「省エネルギー」での設定を見てみるが、それを解決するような設定が見当たらず。。。どうしたものか、と困り、色々と解決策を探していたら、やはり皆さん同じことを考えているようで、ありました!

「Deep Sleep」というウェジェット

Macのスリープ状態の設定を変更してくれるウェジェットで、使い方は簡単。ウェジェットに追加しておいて、クリックするだけ。

デフォルト設定では、メモリ上にはデータを残さず、ハードディクスにデータを移します。
やや復帰時の速度が落ちますが、SSDにしている場合には、ほとんどそれは気になりません。

それよりも、バッテリーが減ってないことが、何よりも嬉しいです!

また、設定では、ディスプレイを閉じた場合と、ウェジェットをクリックした場合との2種類を設定することができるので、すぐに作業に戻りたい時はディスプレイを閉じる動作でのスリープをセーフスリープとし、寝る前や移動前などはウェジェットをクリックしてディープスリープにする。といったことが可能です。

なお、このウェジェット、Ver1.2が公開されているが、Lion以降ではウェジェットのプログラムとOSとの間に齟齬があるため、ディープスリープからの復帰時に問題が発生し、復帰できないことが頻発します。

その問題を解決していただいているのが、「Happy-Go-Lucky」さん。

こちらのサイトの記事「Mountain Lion にしたら Deep Sleep でハイバネーションから復帰できなくなったので」にて修正版を紹介して頂いてます。

こちらの記事を参考に修正版のインストールをおすすめいたします。

当方は、この修正版によりディープスリープからの復帰できない現象が見事解決しました!

「Happy-Go-Lucky」さん、ありがとうございます!

おかげさまでハッピーな気分になりました!笑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク