とある技術者の備忘録的情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Smarty 日付フォーマット

Smartyのテンプレートで日付を表示させたい場合、通常のPHPとはやや構文が異なる。

この違いはよく忘れるのでメモ。

下記は、$any_date['my_date'] = '2014-02-04 15:45:20';をテンプレートに渡していることを想定しての例である。

<!--{$any_date.my_date|date_format}-->
<!--{$any.my_date|date_format:"%D"}-->
<!--{$any.my_date|date_format:"%I:%M %p"}-->

表示結果

Feb 4, 2014
2/4/14
03:45 pm

date_formatに指定する演算子について

  • %a – 現在のロケールに基づく短縮された曜日の名前

  • %A – 現在のロケールに基づく完全な曜日の名前

  • %b – 現在のロケールに基づく短縮された月の名前

  • %B – 現在のロケールに基づく完全な月の名前

  • %c – 現在のロケールに基づく適当な日付と時間の表現

  • %C – 世紀(年を100で割り、整数に丸めたもの。00から99)

  • %d – 10進数の日付(01から31)

  • %D – %m/%d/%yと同じ

  • %e – 月単位の日付を10進数で表したもの。日付が1桁の場合は、前に空白を一つ付ける。(‘1’から’31’)

  • %g – 西暦の下二桁 [00,99]

  • %G – 西暦 [0000,9999]

  • %h – %bと同じ。

  • %H – 時間を24時間表示の10進数で(00から23まで)

  • %I – 時間を12時間表示の10進数で(01から12までの範囲)

  • %j – 年間での日付を10進数で表現 (001から366)

  • %k – 24時間表示の時間の一桁目に空白を入れる ( 0 から 23までの範囲)

  • %l – 12時間表示の時間の一桁目に空白を入れる ( 1 から 12までの範囲)

  • %m – 月を10進数で表現 (01から12)

  • %M – 分を10進数で表現

  • %n – 改行文字

  • %p – 指定した時間により `am’ または `pm’ 、または 現在のロケールに対応した文字列

  • %r – a.m.およびp.m.表記で表した時間

  • %R – 24時間表記で表した時間

  • %S – 10進数で表した秒

  • %t – タブ文字

  • %T – 現在の時間。%H:%M:%Sに等しい。

  • %u – 10進数表記の曜日で[1,7]の範囲。1が月曜日。

  • %U – 年間で何番目の週であるかを 10 進数で表現。年間で最初の日曜を最初の週の最初の日として数えます。

  • %V – ISO 8601:1988で規定された現在の年の週番号の10進数表現で 01から53までの範囲となります。
    1は最初の週でその週は現在の年に 最低4日はあります。週は月曜日から始まります。

  • %w – 曜日を10進数で表現。日曜は0になります。

  • %W – 現在の年で何番目の週であるかを10進数で表現。 年間で最初の月曜を最初の週の最初の日として数えます。

  • %x – 時間を除いた日付を現在のロケールに基づき表現します。

  • %X – 日付を除いた時間を現在のロケールに基づき表現します。

  • %y – 世紀の部分を除いた年を10進数として表現。(00から99までの範囲)

  • %Y – 世紀を含む年を10進数で表現

  • %Z – タイムゾーンまたはその名前または短縮形

  • %% – 文字リテラル`%’

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク