とある技術者の備忘録的情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)でのクロスドメイントラッキング設定

簡素化されたクロスドメイントラッキング

Googleアナリティクスにおいて、デフォルトのトラッキングコードでは、例えばwww.store.comでショップを運用し、www.sideform.comのサイドパーティーで注文フォームを利用している場合、ショップに来てから注文フォームに行った人はそれぞれのサイトで別人として扱われてしまいます。

また、この場合、storeに来た人の正確なコンバージョンを計測することが難しくなります。

これを解決するためには、トラッキングコードをクロスドメインに対応した形式に書き換える必要がある。

ユニバーサルアナリティクス以前では、トラッキングコードを修正するだけでなく、すべてのクロスリンクについて_link()メソッドを埋め込まなければいけないという苦労がありました。

が、ユニバーサルアナリティクスになり、Google社開発によるクロスドメイントラッキング設定用のプラグインが用意され、その設定が大幅に簡素化されました。
トラッキングコードの修正は必要ですが、クロスドメインへのリンクについて何かしらのメソッドを埋め込む必要がなくなったので、これは非常に嬉しい限りです。

トラッキングコード修正によるクロスドメイントラッキング設定方法

ユニバーサルアナリティクスのトラッキングコードを、クロスドメイントラッキング対応にするには、下記のように修正します。

まず、計測したい異なるトップレベルのドメインのサイトを、www.A.com、www.B.com、www.C.comとします。

元のユニバーサルアナリティクストラッキングコード

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-xxxxxxxx-x', 'www.A.com');
  ga('send', 'pageview');
</script>

修正後のユニバーサルアナリティクストラッキングコード

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-xxxxxxxx-x', {'allowLinker':ture});
  ga('require', 'linker');
  ga('linker:autoLink',['www.A.com','www.B.com','www.C.com']);
  ga('send', 'pageview');
</script>

ga('requiere','linker');がクロスドメイントラッキング用のプラグイン。
ga('linker:autoLink',['xxx','yyy']);の部分で指定したドメインのリンクに対し、自動的にCookieを渡す設定になる。

これで、非常に手間で時間が取られていたクロスリンクの設定が不要となる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク