とある技術者の備忘録的情報

CCLibraryとCCXProcessが重い、CPUを専有する問題。解決しました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacBook Pro(retina 13 early 2015)でAdobe Creative Cloudを使ってIllustratorやPhotoshopなどAdobe製品を活用しています。

これが昨年の11月末くらいから急激にバッテリーの減りが早くなったり、
CPUファンがウァンウァン唸るように。

アクティビティモニタで確認してみると、「CCLibrary」とCCXProcess」が
2つでCPUをほぼ100%利用しているじゃないですか!!!

その時、色々と調べたところ、回避方法はなく、
Macを立ち上げる度に、アクティビティモニタを開いて、
この2つのプログラムを手動で停止させていました。

しかし、そのまま使っていると、
「CCXProcess」が復活してくる・・・。

なので、1ヶ月くらいアクティビティモニタを常に確認し、
CPU使用率が高くなったと思ったら、プログラムを確認して、
都度、「CCXProcess」を終了させるという、
なんともお粗末な感じで使ってました・・・。

でも、流石に1ヶ月くらい使っていて、
それも面倒になり始め、なんとか解決せねば!!
と思ってより調べたところ、ありました!!

Creative Cloudデスクトップ・アプリケーションの修正版が
出てるじゃないですか!!

https://forums.adobe.com/docs/DOC-6661
【お知らせ】Creative Cloud デスクトップアプリケーションアップデート後のトラブルにつきまして
from Adobe 2015/12/14

11月末のときのアップデートは自動だったのに、
これは自動でアップデートしてくれるわけでは無かったのですね。

全然気が付きませんで、年が明けてしまいました。

https://forums.adobe.com/docs/DOC-6661
でも、ここの記事にあるように、まずは最新版を
https://www.adobe.com/jp/creativecloud/desktop-app.html
ここからダウンロード(この記事を書いている段階では、3.4.3.189)。

そのあと一度Creative Cloudを一旦アンイストールしてから、
最新版をインストール。

これで問題は解決!!!

アイドル時の静寂が戻ってきました!!!

文責:牧秀樹

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク