とある技術者の備忘録的情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10のディスクイメージをUSBに作成する

windows10 ディスクイメージ作成

BootCampを使ってWindowsをインストールするためには、あらかじめWindowsのインストールディスクからISOイメージを作成するか、MicrosoftのWebサイトからディスクイメージをダウンロードする必要があります。

ここでは、筆者がMacBookProにWindows10をインストールする際にしたWindowsインストールデータの作成方法について紹介します。

 

★Mac環境で取得する★

◇Windows10のディスクイメージ・ダウンロードページにアクセス◇

Microsoftの公式サイトからディスクイメージをダウンロードし、USBにISOファイルを保存して独自のインストールメディアを作成することができます。

Windows10 ディスクイメージ ダウロードサイト

下記のリンクから上記のWindows10のディスクイメージのダウンロードサイトにいけます。
Windows10のディクスイメージ(ISO)をダウンロードする

Windows10 ディスクイメージ エディションの選択

このページに行ったら順番に必要なWindowsファイルを得るために、情報を入れていきます。
まずは、エディションの選択です。
これは「Windows10」を選び、「確認」をクリックします。

Windows10 ディスクイメージ 言語の選択

次に、言語の選択です。「日本語」を選び、「確認」をクリックします。
(英語バージョンがいい人は「英語」を)

Windows10 ディスクイメージ ダウンロードリンク

そうすると、ダウンロードリンクが生成されます。
お使いのコンピューターの種類によって、32bit版か、64bit版かを選びます。
筆者の環境は64bitなので「64-bit のダウンロード」をクリック。

使用中のMacが32bitか64bitかを調べる方法については、下記を参照ください。
「使用中のMacが32bitか64bitかを調べる方法」

ダウンロードしたISOイメージのダウンロードが終われば準備完了です。
後でBootCampにて使用します。

 

★Windows環境で取得する★

Windows環境を別で用意がある場合は、この作業はもっと簡単です。

Mac環境と同様に、Microsoftの公式サイトからツールをダウンロードすることで、USBインストールメディアを簡単に作成することができます。

Windows10 ディスクイメージ ダウロードサイト

Windows環境の場合には、下記のリンクからWindows10のディスクイメージのダウンロードサイトに行くと、
Windows10のディクスイメージ(ISO)をダウンロードする
※Mac環境でこのリンクをクリックしても、リダイレクトされツールのダウンロードページにはたどり着くことができません。

Windows 10 を入手する(ディスクイメージのダウンロード)

と、「ツールを今すぐダウンロード」ボタンがあります。
これをクリックしてツールを取得します。

ファイルは、「MediaCreationTool.exe」というものです。これをダブルクリックして実行します。

Windows 10 メディア作成ツール1ーライセンス条項

これを実行すると、まず「ライセンス条項」の同意が求められますので、「同意する」をクリックします。

Windows10 メディア作成ツール2ー実行する操作を選ぶ

実行する操作を選択する画面になります。ここでは「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択し「次へ」をクリックします。

Windows10 メディア作成ツール3ー言語、エディション、アーキテクチャを選択

続いて、言語、アーキテクチャ、エディションの選択画面が開きます。
まず「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックボックスを外します。
そうしてBootCampを使ってWindowsを入れようとしているMacPCの構成に適したものを選択します。
64ビット(x64)なのか32ビット(x86)なのか。

どちらを選ぶかは、前掲の
「使用中のMacが32bitか64bitかを調べる方法」
を参考にしてください。

適切なものを選択したら、「次へ」をクリックします。

Windows10 メディア作成ツール4ー使用するメディアを選択

続いて、使用するメディアの選択になります。
ここではUSBメモリを使うので、「USBフラッシュドライブ」を選択し、「次へ」をクリックします。

Windows10 メディア作成ツール5ーUSBフラッシュドライブ(USBメモリ)を選択

USBフラッシュドライブ(どのUSBメモリに保存するか)を選択します。
PCに挿入しているUSBメモリの一覧が表示されるので、インストール用に用意したUSBを選択し、「次へ」をクリックします。

Windows10 メディア作成ツール6ーWindows10のダウンロード中

Windows10のダウンロードが始まります。

Windows10 メディア作成ツール7ーWindows10のメディア作成中

ダウンロードが終わると、自動的に Windows10のメディアの作成が始まります。

Windows10 メディア作成ツール8−終了

Windows10のインストーラーが入った、USBフラッシュドライブ(USBメモリ)の準備が完了です。

BootCampを使ってWindows10を入れる際には、このUSBメモリ(USBフラッシュドライブ)を利用します。

文責:牧秀樹

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 2月 20日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク