とある技術者の備忘録的情報

EFIシステムや回復パーティションなどディスク管理から削除できないパーティションを強制削除する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EFIシステムなど削除できないパーティションを手動削除する方法についてメモ。

下図のようにシステムに関連したEFIシステムなど特殊なパーティションは「ディスクの管理」からは削除できないし、新たにフォーマットもできない。

「ディスクの管理」からはEFIシステムのパーティションを削除できない

コマンドプロンプトからdiskpartコマンドを使用して削除する

1. コマンドプロンプトを起動する。

コマンドプロンプト起動

2. diskpartと入力する。(この後、デバイスに変更を加えることに対する許可を求めてくるので、「はい」とする)

diskpartと入力

3. list diskと入力する。

list diskと入力

4. select disk xと入力し、削除したいパーティションがあるドライブを選択する。xにはドライブの数字を入れる。(いくつかドライブがあると思うが、どのディスクか悩んだら、次のパーティションリストを見て問題としているディスクか確認するとよい)

ディスクを選択

5. list partitionと入力し、ディスクのパーティション状況を確認する。(ここで問題としているディスクを選べたか、確認するとよい)

パーティションのリストを取得

6. select partition xと入力し、削除したいパーティションを選択する。

削除したいパーティションを選択

7. delete partition overrideと入力し、パーティションを削除する。(overrideは強制削除のおまじない)

パーティションを削除

これでもう一度、ディスクの管理を見てみると、下図のようにEFIシステムのパーティションが消えており、新しいボリュームを作成できるようになっている。これで他のパーティションと合わせて、データディスクとして無駄なく利用できスッキリです!

EFIシステムが消え、新しいボリュームを作成できる!

Windows PowerShell(管理者)からdiskpartコマンドを使用して削除する

コマンドプロンプトではなく、Windows PowerShellからも同様にして削除することができる。
以下、基本は一緒なのでキャプチャー画像のベタ貼りで参考ください。

Windows PowerShell(管理者)を選択

diskpartと入力

DISKPARTが開く

list diskと入力しディスクの一覧を取得

select disk x と入力し、削除したいパーティションがあるディスクを選択

list partitionと入力し、選択したディスクのパーティション一覧を取得

select partition x と入力し、削除したいパーティションを選択

delete partition overrideと入力し、パーティションを削除する

以上。

文責:牧秀樹

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク