とある技術者の備忘録的情報

カテゴリー:Smarty

Smartyで数字の文字列のフォーマットを整える

Smartyで数字の出力を色々と指定したい場合がある。 その場合には、以下のようにすればよい。 {$num1|string_format:"%05d"} {$num2|string_format:"…

詳細を見る

Smartyで数値を3桁ごとにカンマを付けたい

1234567とある数字を1,234,567とSmartyで表示したい場合は、以下のようにすればOK! {$num|number_format}…

詳細を見る

Smartyで文字列の抽出(substr)

Smartyのテンプレートにて、phpのsubstr()的なことをしたい場合の備忘録。 {$yyyymm|substr:0:4}年{$yyyymm|substr:5:2}月 とすればOK! 文責:牧秀樹…

詳細を見る

Smarty 日付フォーマット

Smartyのテンプレートで日付を表示させたい場合、通常のPHPとはやや構文が異なる。 この違いはよく忘れるのでメモ。 下記は、$any_date['my_date'] = '2014-02-04 15:45:20';をテンプレ…

詳細を見る

文字列を指定の形式にフォーマットする(Smarty)

Smartyにおける文字列、特に数値を含む文字列の出力形式を指定する方法。 「string_format」を使う。 具体的には次のように記述する {$num_str|string_for…

詳細を見る

スポンサードリンク